MPEG

日本の人気ボディーカラーは白と黒

新車を買うときボディーカラーをどうするかは結構こだわるものです。

中古車の査定でもボディカラーは売りやすさを左右することから査定額に大きく影響するようです。

同じ車種でもカラーが違えばインパクトも大きく違うため、買取専門店の査定では人気カラーの車の方が高額の査定になる傾向のようです。

■人気の高い白と黒はプラス評価される

一般に、どんな車種でもプラスの評価をされやすいと言われているボディーカラーは白と黒です。

欧米などと違って、日本の場合は白が流行に左右されない、飽きの来ないボディーカラーとして根強い人気があります。

「白」にもさまざまな色あいのものがありますが、白系統であればまずは人気色であると思っていいでしょう。

「パールホワイト」と言う真珠の輝きに似たホワイトカラーは特に人気が高いといわれています。

一方黒は、独特なツヤと輝きがで重厚感があるということから若い人たちを中心に人気があります。

したがって黒のボディーカラーも白と同様プラス評価の要因になります。

■白と黒なら必ずプラス査定されるわけではない

白あるいは黒であればどの車種でも必ずプラス査定されるというわけでもないようです。

カラーバリエーションが多い車種やスポーティー車など、車種によっては白、黒以外のボディーカラーの方に人気がある場合もあります。

また、新車発表時のイメージカラーが白の系統の色だと、そのカラーが多すぎて新鮮味がなくなり、中古車の価格が下がってしまうこともあるようです。

■車種により特定のカラーが人気ということもある

普通の車種ではプラス査定にならないボディーカラーが、特定の車種ではプラス査定になる場合もあります。

フェラーリのアイデンティティカラーは赤というのは有名ですが、メーカーが推すボディーカラーの車が査定で高評価になるということもあり得ます。

車種ごとの人気カラーは車情報誌やネットで知ることができます。

■人気色ならプラス査定のチャンス

査定を受ける愛車が人気のボディーカラーだったら、そのことを知っていますよというアピールをありげなく行うのがいいでしょう。

査定マンに人気色であることを知らないと思われて、無視されてしまうのを防ぐためです。

また逆に不人気色の場合でも、ボディーカラーだけで減額査定される心配は少ないので、自分の方からわざわざ不人気色だなどと言うのはよしましょう。

「オーナーも不人気色であることを知っている」と査定マンに思われることは得策ではありません。


※ちょっとお耳を拝借
軽自動車の買取り相場があがるのは春先になります。
コンパクトカー、軽自動車が良く売れる時期だからですね。


このページの先頭へ