MPEG

査定でマイナス評価になるのはどんな場合か?

驚き!なんと「1万円キャッシュバック」の一括査定が登場

※確実に1万円お得な車売却が実現します。


車の査定では、売却の時期、タイミング、車歴などによりマイナス評価になる場合があります。

走行距離などは査定を受けるからといってもどうにもなりませんが、年式落ちの問題など事前に知っておけば大幅なマイナス評価を避けられ場合もあります。

■査定でマイナス評価になるポイント

ニューモデルが発売される場合

売ろうとしている車のニューモデルが発売されてしまうと、新しい車だったとしても型遅れになってしまい査定額がダウンします。

フルモデルチェンジだけでなく、マイナーチェンジがあっても査定ダウンが避けられません。

モデルチェンジの周期がある日本車は「そろそろかな」という予測が付けやすいと思います。

ニューモデル発売によるマイナス査定を避けたいなら、車情報誌やネット情報でモデルチェンジのスケジュールはどうなっているのかをチェックするのがいいでしょう。

年式落ちになる場合

売却する車が市場に出る時期が年内になるか年明けになるかで10万円もの違いが出かねないのが「年式落ち」の問題。

年明けになってしまう時期だと、たった1ヵ月の違いで大幅なマイナス査定になってしまいます。

11月や12月に車を売ろうとしている場合は十分に注意が必要です。

売る時期が12月上旬を過ぎるとそれだけで査定額が大幅にダウンすることもあるようです。

走行距離が標準より多い場合

車の走行距離は年間1万キロが標準とされています。

この標準を超える走行距離だとマイナス評価になります。

日本自動車査定協会の査定基準では標準を超える走行距離の場合のマイナス評点数が決まられており、この基準によりマイナス評価が行われるようです。

ライフスタイルや車の使用目的で走行距離は違ってきますので、査定だからといってどうにもならないのですが、1年に1万キロ以上の車はマイナス評価になることは覚えておいた方がいいでしょう。

ボディーに傷がある場合

明らかにわかるような傷やへこみのある中古車は、修理費用がかかるということからマイナス評価になります。

ただし、普通に乗っていれば普通に付く程度の傷の場合はマイナス評価になることはほとんどないようです。

事故の修復歴がある場合

修復歴(しゅうふくれき)というのは、事故などで車体の骨格部分が損傷して修復したことがあるという意味です。

事故があった車でもバンパーの取替えやボディーの凹みの修理などすんでいればいれば「修復歴のある車」にはなりません。

違法に改造されている場合

違法に改造されていると車検を通すために修理が必要で、その費用見合いでマイナス査定になります。

ノーマルに戻さなければ売れそうもないような改造であれば、更に大幅なマイナスになるでしょう。

車内のニオイがある場合

タバコのニオイなどニオイのある車は売れにくい車ということからマイナス評価となるようです。

タバコのほか、ペットのニオイもマイナス評価の原因になります。

保証書や取扱説明書が無い場合

どの車にも必ず付いている「保証書」「取扱説明書」を紛失してしまうケースが結構多いようですが、その場合はマイナス評価の要因になります。

中でも保証期間がまだ残っている「保証書」がないと、メーカーの保証という付加価値がなくなってしまうので、大きいマイナス評価になってしまいます。

<参考>車の一括査定の詳細 ⇒ 車一括査定を利用し高額で査定・売却


無料一括査定の利用法~軽自動車の売却に最適

このページの先頭へ