"> 車査定でプラス評価になるポイント

査定でプラス評価になるのはどんなクルマか?

驚き!なんと「1万円キャッシュバック」の一括査定が登場

※確実に1万円お得な車売却が実現します。


車の一括査定では訪問査定がつきものですが、実際に車を査定する場合査定マンはどのようなポイントによってプラスの評価をしたり、マイナス評価で減点をしたりしているのでしょうか。

まずは、プラス評価のポイントについて調べて整理してみました。

査定前の洗車や清掃と違って、走行距離、ボディーの色などは今更どうにもならないことなのですが、査定前にプラス評価のポイントがわかれば、査定のときのアピールに役立てたいものですね。

プラス評価のポイント

人気のある車(需要の多い売りやすい車)

まずはボディーカラーです。

中古車で人気のカラーは白と黒で、白は時代の流行に左右されない根強い人気があるといいます。

特にパールホワイトと呼ばれるホワイトカラーに人気が集中しているとか。

黒は独特なツヤと輝き、重厚感で若い人を中心に人気があります。

次に車の種類ですが、

低燃費のミニバン、コンパクトカー、軽自動車などが人気度が高くプラス評価になるそうです。

ワンオーナー車

現在のオーナーが新車の時から乗り続けているのがワンオーナー車。

車というのは複数のオーナーを経れば変な癖がつくなど車の状態が悪くなる可能性がある機械です。

ワンオーナー車はその心配が少なくいため、需要も販売価格も比較的高くプラス評価になります。

走行距離が少ないこと

車の走行距離は1年間で1万キロ程度が標準とされています。

走行距離は車の状態をみるバロメーターで、標準から見て走行距離の少ない車はプラス評価になります。

ただし年式から見て走行距離が極端に少ない車は、評価が下がる場合があります。

車はある程度走らせないと良い状態が保たれず、あまりにも走行距離が少ないと車の状態が適正に保たれていないと判断されてしまいます。

限定色・限定モデルであること

メーカー純正の限定色、限定モデルであればプラス評価が期待できるでしょう。

中でも人気の高いものや希少価値のあるものほどプラス評価の可能性が大きくなります。

査定マンが気付かない場合はしっかりアピールしましょう。

禁煙車であること

車内で喫煙していた車は匂いや内装の黄ばみなどが前オーナーの痕跡として残ってしまいますね。

新オーナーの立場になって考えてみれば、そんな車の評価が下がるのはやむを得ないことです。

逆に禁煙車で匂いがなく内装のシミの無い車は、プラスに評価されます。

メーカー純正のオプションがついていること

新車購入時にしか付けることのできないメーカー純正のオプションもプラス評価が期待できます。

有名ブランドの純正オーディオ、純正エアロパーツ、サンルーフなどはほぼ間違いなくプラス評価になるようです。

社外パーツ

ディーラー下取りの場合、社外パーツは評価されにくいのですが、買取専門店の査定では人気・需要に応じたプラス評価が行われます。

ただし、改造や車検非対応など行き過ぎたドレスアップはマイナス評価になる恐れもあります。

■事前に整理して訪問査定のときにアピール

訪問査定を受けるときは、プラス評価ポイントを生かすためにも、事前に洗車と車内清掃ぐらいはしておきたいものですね。

水洗い程度でもいいでしょうからボディの汚れを落とし、車内、トランクルームの掃除をしておきましょう。

そのことが査定マンの好印象につながると思います。

車内の臭い対策も重要で、晴れた日にドアを開けて天日干しをし、脱臭剤や消臭剤で臭いを少しでも消すようにすればなおいいでしょう。

そして、査定を受ける車のプラス評価のポイントをメモなどにまとめて置けばいいでしょう。

せっかくのプラス評価ポイントが査定マンの情報不足や見落としでふいにならないよう、しっかりとアピールするべきです。

※車の無料査定の参考サイト ⇒ 車の査定を一括依頼して最高額で売る
 愛車に最適の一括査定がわかります。


軽自動車の人気ランキング

このページの先頭へ