" 車の下取りと車の買取はどこがどう違うのか

車の下取りと車の買取はどこがどう違うのか

車買取 車下取り

一頃まで、車の買い替えといえば新車のディーラーあるいは中古車ディーラーに今乗っている車を下取りに出すというのがほとんどでした。

市場に出回る中古車はほとんどがディーラーで下取りされた車で、中古車市場の主導権はディーラーが握っていました。

ところが、1980年代から業者オークションが広まって大口の中古車売却が可能になると、1990年代には新しいビジネスモデルの「中古車買取専門店」が各地に登場するようになりました。

その後の中古車市場全体の拡大に伴って買取専門店チェーンなどが大きく成長し、相対的にディーラーの市場での地位が低下してきたといいます。

こんな経緯があって、今では車を買い替える時は、もちろん新車購入先のディーラーの下取りに出すこともできますが、

もう一つの方法として、車買取専門店に売却してその代金を新車購入の資金に充てるということもできるようになりました。

■下取りとは

下取りについて改めてポイントを整理してみましょうか。

新車(あるいは中古車)を購入する販売店に今乗っている車を引き取ってもらい、その代金を次の車の購入資金の一部にすることを「下取り」と言います。

新車を買う場合は新車ディーラーに下取りをしてもらい、中古車を購入する時は中古車ディーラーなどに下取りをしてもらうことになります。

新車ディーラーの場合は、各社独自の「基本価格表」の価格を基にして、車の状態をチェックし、下取り価格を算出するのが通常です。

この基準価格表は定期的に更新はされるそうですが、業者オークションの落札相場を反映したものにはなっていないということです。

「これ以上の値引きは無理。下取りの方で○万円上乗せ」などのように、新車の値引きとセットで下取価格が決められるケースもあります。

いずれにしても、下取りの査定額というのは中古車市場の相場とは連動していないので、買取専門店の査定より低くなることが多いようです。

■買取とは?

車をディーラーでなく買取専門店など買い取ってもらい現金を受け取るのが「買取り」です。

車の買い替えだともちろんその現金は次の車の購入資金に充てることになりますね。

車買取専門店の買取価格は、 業者オークションの落札相場を基にしているといわれています。

下取りの査定と違い、業者オークションの相場を見ながらその時々で買い取れる最高価格を査定の目安にしているわけです。

毎日変動するオークション相場を背景にしていることから、車買取専門店の査定の場合は高額査定が期待できる反面、査定額に2週間などといった有効期限が付けられることもあります。

また、固定的なディーラー下取り査定と違って、市場の適正価格が基になっているので、買取専門店の査定額はほとんどの場合ディーラー下取りよりも高くなるといわれています。

実際にネットで買取事例を調べてみると、よほど特殊な事情がない限り買取専門店の買取額が下取り額より高くなっているのがわかります。

■「買取り」の査定額を競わせる無料一括査定

買取専門店の「買取り」査定額を競わせて高額売却できるのが一括見積りという無料サービスです。

下取りより高い査定額を出せる買取専門店が競争するのですから、ほぼ確実に下取りより高い価格で車を売ることができます。

これからはもう「買取り」が車売却の主流になっていくことでしょう。

しかも無料一括査定を利用した高額売却がどんどん増えていくのではないでしょうか。


※使用期間が長い軽トラックを売る機会というのはあまり多くないのかもしれません。
だからこそ品薄状態になり中古軽トラックが高額で取引されています。


このページの先頭へ